Hair Growth Care

ハイドアウトの発毛ヘアケア

今最も新しい発毛

ヘアケア美容液「ヒト羊水幹細胞培養液」

"髪にボリュームが欲しい" "抜け毛が気になる" "去年と比べて髪が少なくなった気がする" "発毛したいけど副作用が気になる"......
これらの問題を解決する今最も新しい発毛ケアを、ハイドアウトではご提供しています。

再生医療から生まれたヒト羊水幹細胞培養液は、発毛促進に有効とされる成長因子が豊富に含まれており、加齢によって失われた本来あるべき毛母細胞、毛乳頭細胞を再生することであなた自身の髪を復活させるものです。バイオテクノロジー企業の技術力で誕生した新しい発毛ケアは、高い安全性で副作用なく発毛効果を発揮します。

歳を重ねても、サロンケアとホームケアでヘアデザインを自由に楽しみましょう。

AGA ・ FAGAの原因

薄毛や抜け毛は、ホルモンの一種「テストステロン」が原因であることが多いです。

テストステロンを起因とした薄毛・抜け毛といった症状をAGA(女性の場合はFAGA)と呼びます。

テストステロンは主に精巣(卵巣)から分泌され、血液を通して身体中に運ばれていきます。頭皮に運ばれたテストステロンは、酵素によって健全な発毛サイクルを阻害する物質「DHT」に変化し、毛母細胞の分裂や増殖を抑制して、薄毛の原因となります。

1.加齢による男性ホルモン(女性ホルモン)の分泌減少

男性ホルモン(女性ホルモン)の分泌量が減ると、酵素がそれを補おうとテストステロンを発毛阻害物質であるDHTへと転換する機能を強めるため、脱毛因子(TGF-β)が生産されやすくなり、髪の成長期が短くなって、髪が太くなる前に抜け落ちてしまうのです。

2.遺伝

体内の酵素の活性度は、遺伝による影響が大きいと考えられています。AGAを進行させる酵素は顕性遺伝のため、両親のどちらか一方の活性度が高ければ、子供にもその情報が引き継がれやすいとされています。また、脱毛因子が結合する毛乳頭にあるホルモンレセプターの感受性も遺伝による影響が大きいと考えられています。

3.生活習慣

遺伝などの先天的な要素だけでなく、睡眠サイクルの乱れや睡眠不足、運動不足、過度なストレスで自律神経やホルモンのバランスが乱れ、正常なヘアサイクルの妨げになることがあります。また、日常的な過度の飲酒・喫煙は、血流が悪化し髪に必要な栄養が届きにくくなるため、AGAを発症する確率を高めます。

AGA ・ FAGAの治療法

現在、AGA(FAGA)の治療方法は薬剤を用いた治療が一般的です。大きく分けて発毛促進タイプと脱毛抑制タイプの2種類が存在しています。

フィナステリド & デュタステリド

薬のタイプ:脱毛抑制薬
治療法:内服
副作用:勃起機能障害(ED)、性欲減退、精液量の減少、肝機能障害

ミノキシジル

薬のタイプ:発毛促進薬
治療法:内服、外用、注入
副作用:動悸、心拍数増加、息切れ・呼吸苦、むくみ・体重増加

ミノキシジルには毛乳頭の細胞を刺激し、細胞の増殖やタンパク質の合成などを促進して発毛させる作用があります。多くの場合はミノキシジルを主に使用し、他2種類の脱毛抑制薬との併用で治療をすすめていきます。

薬に頼らない発毛はやはり生活習慣の見直しですが、なかなか目に見える変化は望めないのが現実です。副作用のないサプリメント、ヘッドスパ、シャンプーやトニックを試してみたが目を見張る効果はなかった……という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハイドアウトの発毛ケア

ヒト羊水幹細胞美容液導入

ヘアサロン発の新しい発毛ヘアケアを採用しています。エステサロンではポピュラーなエレクトロポレーション(電気穿孔法)という導入方法で、発毛効果が実証されている「ヒト羊水由来の幹細胞を浸した培養液を入れた美容液」を導入していきます。毛髪密度の増加、太さの増加は実証済みで、特許取得済みです。ハイドアウトでは、最も安全で効果のある発毛ケアを提案しております。

ビフォーアフター比較

初来店時

2ヶ月後

6ヶ月後

エレクトロポレーション(電気穿孔法)

安全性の高い浸透方法

エレクトロポレーションとは、電気の力を利用して美容成分を肌の奥に浸透させる施術。特殊な電気パルスで一時的に皮膚に小さな穴を開け、その穴に美容成分を入れて浸透させます。 表皮からは浸透しない親水成分や高分子の美容成分を肌の奥まで浸透させることが可能で、痛みもありません。皮膚が傷付くこともないため非常に安全性が高いといえます。

着目した最新の幹細胞美容液

幹細胞とは

幹細胞とは、体を成している細胞に分化することができる能力と自己再生能力を持つ未分化状態の若い細胞です。幹細胞は、老化や傷に損傷した細胞を置き換えることができ、再生医療の分野で最も重要な要素とされています。幹細胞再生医療の成長とともに、幹細胞美容もまた発展していますが、幹細胞美容液の認知度はまだまだ低いと言えます。

幹細胞美容液とは

幹細胞美容液とは、幹細胞を浸した培養液を入れている美容液のことです。幹細胞培養液には、様々な種類のサイトカイン(細胞を活性化する物質)やグロースファクター(成長因子。細胞の増殖や分化を促進する物質)が溶け出しており、肌細胞を再生・修復・増殖させる働きがあります。

幹細胞美容液の効果は、培養液に浸す幹細胞の由来、培養液の質、原液の濃度によって大きく変わってきます。

ヒト羊水幹細胞培養液

ハイドアウトが発毛ケアに使用するのは、ヒト羊水由来の幹細胞培養液です。日本に流通している幹細胞美容液やコスメに入っている培養液は、脂肪由来、骨髄由来、臍帯血由来があり、約8割が脂肪由来であるのに対し、ハイドアウトではヒト羊水由来の最も若い幹細胞を使用した培養液を採用しています。ハイドアウトで使用するヒト羊水幹細胞培養液は、当該製品に付随する特許とデータを元にした信頼に基づいて採用しています。

ヒト羊水由来の幹細胞は、他由来の幹細胞と比べ成長因子(growth factor)濃度が高く、発毛促進、肌再生の効果が立証されています。(世界最大級医療機器・試薬メーカー サーモフィッシャー社検証データに基づく)

培養液自体の特許以外に、製造過程においても特許を取得しており、培養液の質が保証されています。また、原液の濃度は100%です。

主要特許名
登録番号
羊水内胎児由来の中間葉幹細胞を利用した発毛促進用組成物
10-1218101
低酸素条件下で培養した羊水内胎児由来の中間葉幹細胞を利用した成長因子の大量生産方法および皮膚の再生のための組成物
10-1371690
羊水内胎児由来の中間葉幹細胞を利用した成長因子の大量生産方法
10-1119225
羊水内胎児由来の中間葉幹細胞を用いた皮膚の状態の改善のための組成物
10-1078419
傷刺激を用いた羊水内胎児由来の中間葉幹細胞の培養液の製造方法
10-1334243

幹細胞の由来別・成長因子の濃度比較

ヒト羊水由来幹細胞(ASC-H)は、他の幹細胞に比べ、成長因子(growth factor)濃度が圧倒的に高く、増殖能力と効能が優れていることが報告されています。

世界最大級医療機器・試薬メーカー TF社製培養液の比較検証データ

薄毛改善に有効な成長因子の濃度比較

血管内細胞増殖因子(VEGF)は、頭皮内の血管を分岐させて血管を増やしたり、新しい場所に血管を生成したりなどといった働きを持つ成長因子です。VEGFを供給することで、頭皮の組織に新たな血管の生成を促して必要な栄養を運びやすくするという効果を、細胞に対してダイレクトに与えることができます。ヒト羊水幹細胞培養液(ASC-H)に含まれているLEF-1は、TF社の脂肪幹細胞、骨髄幹細胞に比べ、VEGFの濃度が圧倒的に高いことが示されています。

世界最大級医療機器・試薬メーカー TF社製培養液の比較検証データ

Smart Skin Careで頭皮や髪の状態をチェック

たくさんの商品を試して、自信を持ってお客様に教えてあげれる商品しかHideOutには置きません

ハイドアウトヘアでは、Smart Skin Care(スマートスキンケア)を使用しております。

スマートスキンケアは、水分センサー ・ SEBUTAPE ・ 頭皮や髪の画像 ・ 毛穴画像などから、髪年齢や白髪リスク、抜け毛リスクなどの頭髪に関する項目を2~3分で測定します。

測定結果を元に現在の状態や未来のリスクをお伝えし、これからより良い状態を目指すためのおすすめのケアのアドバイスをさせていただきます。また、気を付けるべき項目や具体的なケアアイテム、生活習慣に取り入れると良い食べ物や行動なども知ることができます。

2度目以降のご来店の際は、測定結果を過去データと比較して状態の変化を確認することも可能です。

平塚のヘアサロン・ハイドアウトヘアでは木目調のインテイリアを使用し、皆様にゆっくりとくつろいでいただける空間をご提供します

Reserve

ハイドアウトへのご予約

平塚市田村のヘアサロンHideOut(Hair)では、お客様の大切なお時間を確保し、皆様にゆっくりとお過ごしいただけるように、おひとりお一人にしっかり時間を取らせていただいております。
事前のご予約をおすすめいたします。24時間ご予約可能なネット予約が便利です。


平塚のヘアサロン・ハイドアウトヘアでは木目調のインテイリアを使用し、皆様にゆっくりとくつろいでいただける空間をご提供します